« 新春お年玉セールにて | トップページ | 浮気気味 »

2007年1月 9日 (火)

試乗

たまたま機会に恵まれ、トライアンフのデイトナ675に試乗してきました。
15分ほどですが、実際に市街地を走れたので軽く感想でも。

Daytona675_home_2007
デイトナ675トリプル © Copyright Triumph Motorcycles 2006

見た目は国産SSっぽいというか、CBRのエッジを丸めたようなというか、そんな感じのデイトナ。
スタイルは文句なしに格好いいですね。
(実は600クラスのSSの中では一番のお気に入りです)

そしてライディングポジション。
結構な前傾凶悪な足付きで、いざ跨ってみるとかなりきっついです。
身長171cmでは両足の爪先しか接地しません。
半バレリーナ状態で試乗スタート!

………エンスト(汗)

再度スタート!

今度は無事走り出しました。

エンジンは低回転時からトルクがあります。
アクセル開けるのが怖いくらいの加速力。
600クラスのSSは下がないとか聞いたことあるんですが、こいつはビュンビュン加速します。
思わずメットの中でウヒョー!と叫ぶくらい。
んでもって、サスが堅い。
普通の市街走行で遭遇する程度の段差でがんがん跳ねます。
ERのサスより堅いですね。

旋回性のテストは市街地走行なんであんまりやってません。
もちろん、サーキットでやったところで腕がへっぽこなんで、試験にもなりませんが。
通常の走行でコーナリングは問題ないとしか言えない自分が悲しい。

信号待ちの停車時は、極悪な足付きに苦しめられました。
立ちごけなんかしようもんなら、修理代高そうだし必死です。
しかし、停車時の地獄は信号が青になれば極楽に変わります。
加速が気持ちいい!
またヘルメットの中でウヒョー!

………
試乗を終えて、耳寄りな話が。
もうすぐ、車高調整機能付きのリヤサスがリリースされるらしいです。
さらに、もうひとつ聞いたんですが、ここでは秘密です。

やべっ、欲しいかもこのバイク…

|

« 新春お年玉セールにて | トップページ | 浮気気味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新春お年玉セールにて | トップページ | 浮気気味 »