« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月29日 (月)

疑惑

いわゆる社会派ブログを気取るつもりはないのですが・・・
最近、こういう事件がありました。

女性線路転落:韓国人留学生が救出 JR山手線新大久保駅

話がこれだけで済んでいれば、単なるちょっとした美談で終わったのですが。
この事件を取り上げたマスコミのおかげで話は二転三転し、なんだかおかしいことになっています。
この後、いくつかの続報が発表されているんですが、どんどん話が都合よく修正されていきます。
上の記事だけざっと流し読みしただけなら、ふーんいい話だね、で終わりなんですが・・・

続報 ホーム転落:韓国人留学生が救出の女性判明 新大久保駅

なんだか話が食い違ってきました。
最初は泥酔していた18歳女性が、何故か貧血に変わっています。
(大体、18歳女性の名前すらわかってないのに、どうやって年齢と学生である事実がわかったのやら。)
泥酔、貧血のどちらにせよ、ホームから線路に転落したのなら、足に軽傷を負う程度で済むはずがありません。
もし泥酔状態による錯乱により自分で飛び降りたのであれば、軽傷で済む理由はつきます。
けど、後で貧血に訂正してます。
貧血ならば確実に頭から落ちます。
ホームに頭から落ちて・・・軽傷なわけないですよね。
(しかもその後、落ちた際に線路の枕木に足が挟まってしまったみたいな情報が追加される。)

そして、一貫しているのが「助けあげたのが韓国人留学生一人」という点。
これもどうやら嘘のようです。
実際にJRで聞き込みをしたり、電話をしたりしている人がいるようなんですが、それで判明したのは女性が落ちたという事実と、数人で助けあげたという事実。
なんで留学生一人の手柄になってるの?
大体みんなの目が恥ずかしくてそっとホームから立ち去るような人間が、テレビの取材を生放送でモザイクも声変換もなしに受けるのは変だろ。

とにかく、調べれば調べるほどいろんな疑惑が出てきます。
ほんと、一回に書ききれないくらい。

マスコミの報道もおかしい。
韓国人留学生をとにかく褒めちぎり、その場で見ていただけの日本人は薄情だと切り捨てる。
5年前に似たような事件があったのも、死んだのは韓国人留学生一人だけと報道される始末。
(実際には助けに入った韓国人男性と日本人カメラマン、そして転落した人の三人が亡くなっています。)
そしてその事件が映画化され、もうすぐ公開だとか。
ちょっとした美談だったのが、蛇足を付けたし嘘を嘘で塗り固め、結局残ったのは不信感だけ。

お前ら、ぐるっぐるにグルだろ

この件に関しては、もっと詳しく調べたサイトがあります。
興味のある人は、そちらを参考にしてみてください。
何が真実で何が嘘なのかは、現時点では推定するしかありません。
ただ、どうにもこうにもモヤモヤしたものが残ったため、今回の更新となりました。
おかげでいつもと毛色が違いましたが、次回からはまた普通にゆるゆるなブログに戻ります。

| | コメント (2)

2006年5月26日 (金)

缶コーヒー

唐突でなんですが、バイク乗り的にバイクと缶コーヒーには密接な関係があると思ってます。
ツーリングの目的地や峠のてっぺんで飲む缶コーヒーは、その辺の喫茶店で普通に飲むコーヒーより何故か美味しく感じてしまうものです。
個人的にはFIREROOTSが好きですね。

で。

こんなものを見つけました。

Coff01
上質を知るネスカフェ謹製

炭酸コーヒー。
ツーリングも峠も一切関係ない、会社の近所のコンビニで捕獲。
違いのわかるネスカフェ発売です。
大丈夫か、ネスカフェ。

コップに注いで見ると、見た目は完全にコーラ。
なんか泡立ってるし。
飲んでみると。。。

 (」゚ ロ゚)」

ネスカフェは、違いを楽しめという。

確かに違う、違うのだけど・・・
俺には、この違いは楽しめない・・・

皆さんも、ぜひお試しください。
コーヒーとしても炭酸飲料としても微妙だけど、ネタ的には美味しいですよ。

PS
Coff02
●風に吹かれて豆腐屋ジョニー

なんだこれ。

| | コメント (2)

2006年5月25日 (木)

クラッチも交換!

前回よりしばらく間が空きましたが・・・
ようやくクラッチレバーも手に入れたので、いよいよ左右のレバーを交換しました。
クラッチレバーも追加でアジャスターピースを購入する必要があります。
純正のアジャスターもそのまま使えそうだったけど、やっぱ色は合わせたほうがいいでしょ。
ブレーキレバーはボルトをちょいちょいっと外して交換するだけ。 実に簡単。
しかし、クラッチレバーは受け側のボルト周りに隙間がないので、ボルトを緩めるのに一苦労。
それさえ何とかできれば、これも特に注意するところはないですね。

Antw
●燦然と輝く

交換してみて感想は・・・

あんまりかわんないね、やっぱし。
おまけに、フレームとあんまり色が似てないのも残念なところ。
(フレーム色の金がいまいち安っぽい色なんだよなぁ・・・)

地味にいろいろいじってますが、次は何しようかな?

| | コメント (3)

2006年5月17日 (水)

レバーを変えよう

すてむさんやとまさんがいろいろ6nを弄っているようなので、
ここは一つ対抗心を燃やして(笑)レバー交換に手をつけてみましょう。

Ant01
●嗚呼、麗しのアントライオン

アルミ削り出しが美しい・・・
そう、交換するのはアントライオン製ビレットレバーです。
このレバーなんですが、その綺麗な見た目以外にとても折れにくいという特徴があります。
普通のレバーだとポキッと行くような衝撃でも、ぐに~っと曲がって折れないという・・・
過去にVmaxに装着したときからのお気に入りだったりします。
カラーも3色(シルバー、ブルー、ゴールド)発売されてます。
当然、フレームカラーに合わせてゴールドを購入しました。

今のところレバーの対応表にER-6nの名前はないです。
が、レバー等ある意味消耗品は車種専用設計ではなくて、別車種との共通部品が大半。
6nのレバーの受け部分(?)も共通らしく、他車種のレバーがそのまま装着できるようです。
というわけで、ゼファー用のビレットレバーを購入してきました。
レバー以外にも別売りのアジャスターピースが必要になるので、買い忘れないように注意。
(上の写真はアジャスターピース装着済み)

んでもって、それとは別に純正準拠のゼファー用レバーも購入。
Ant06
●上がゼファー用純正レバー

純正レバーの根本にある黒い部分(なんて言うんだろう)を移植する必要があります。

Ant04
●バラす

バラすのはとても簡単、車載工具でもばらせます。

Ant03
●ちゃららら~♪

簡単に装着できました。
後は実際に6nに装着するだけ・・・なんですが。
実はお金がないのでクラッチレバー側は買ってません・・・
一本が\7,000からする上に、アジャスターピースが\1,000、純正レバーも\2,500ぐらい。
片方だけで結構な出費なのです。
ブレーキのみ金色というのは何ともいただけないので、実際の装着はクラッチレバーを手に入れてからになりそうです。

本日はひとまずここまで。
クラッチレバーが手に入ったら、装着しようかな。

| | コメント (1)

2006年5月16日 (火)

コーヒーブレイクレポ

というわけで、カワサキコーヒーブレイクミーティング総括です。

Mt01
●快晴の中、マリーナシティを遠方に望む

朝9:00前に自宅を出発、到着は11:00ちょっと過ぎぐらいだったでしょうか。
約2時間のプチツーですが、天気は快晴!
実に気持ちよく走れました。
和歌山に入って思った事なんですが、大きな道路は二輪用と四輪用で停止線が
二段階になっている道路が多く、バイクで走りやすい環境でしたね。

マリーナシティに着いてみると、既に多数のライダーが集まってました!
Mt02
●この後も続々集まってきてました。

早速コーヒーカップを貰い、コーヒーを頂きます。
(この一杯のために、ここまで走ってきたのだ!)
良い天気の屋外で飲むコーヒーは格別でした。
(あ、カップの写真取り忘れた・・・)

その後、12:00よりイベント。
雑誌社の人が来ていて、みんなで記念撮影しました。
(自分も後ろのほうに写ってるかもしれません。)
その後はじゃんけん大会なんですが、まずその前に一番遠くから来た人や、
最高齢の人、06モデルに乗っている人にプレゼントがありました。
ER-6nは一応06モデルだったような気がしたんですが、05年発売だっけ? あれ?
と思って自信が無くなったのでパス・・・
そしてその後にいよいよじゃんけん大会!
勝ち残ってグッズを頂きました。(何もらったかは秘密なのです)

じゃんけん大会が終わったら、本日のイベントは終了。
実にあっさりと、コーヒーブレイクミーティングは幕を閉じました。

その後、おみやげを買うために黒潮市場へ。
Mt03
●今日はバイカーな御客様がいっぱいです。

コーヒーカップをもらう時に、オマケでおみやげ&お食事割引券が付いてきました。
これは使うしかないですねってわけで、いろいろと海の幸を購入。
その後、食事は・・・

Mt06
和歌山来たんだから、お約束の和歌山ラーメンです。
海が近いだけに、海鮮丼とかも売ってて美味しそうでした。
次来るときは海鮮丼食べよう。そうしよう。

Mt05
●ボルトヨーロッパを眼前に

近くに遊園地(?)のボルトヨーロッパがありました。
結構いい雰囲気だったんですが、入園料1400円だったので入らずじまい・・・
(今度誰かと来たら入ろう。)
内部をチラ見してみたところ、なにやら戦隊物のショーやってたみたいです。

結局、その後和歌山沿岸をぐるっと回りながら帰宅しました。
このイベントは初参加だったんですが、また近場でやるときは来てみたいですね。
コーヒーカップも思いの外出来が良く、コレクターがいるのも頷けます。
天気も良く、充実したツーリングでした。

~次回予告~

Mt07
●次はちょっとだけ改造してみます。

| | コメント (1)

2006年5月14日 (日)

マリーナシティにて

現地より更新です。
先日までの天気予報が一変、実にいい天気になりました。

絶好のバイク日和で、バイク乗りが続々やって来ますね~。
今のところ、黄色のERー6nを二台発見しました。
自分のと合わせると計三台。
自分以外のERを初めて見たのでちょっと感動です。
そろそろ12時でイベントがはじまるようなんで、見に行ってみようかな。

| | コメント (2)

2006年5月13日 (土)

明日はコーヒーブレイク

今日は携帯から投稿です。 明日の天気が回復傾向みたいです。 こりゃコーヒーブレイクミーティング行くしかないですね!

| | コメント (0)

2006年5月10日 (水)

トニー・ジャー!!!!!!!!

さらばGW、また来年。
というわけで、皆様GWは楽しくお過ごしだったでしょうか?
久しぶりの更新ですが、今日は映画のお話。

皆様はマッハ!!!!!!!!という映画をご存じでしょうか?
日本ではあまりメジャーでは無いですが、タイ映画のアクション大傑作です。
トニー・ジャーは主演俳優の名前で、この人がなんとムエタイの達人。
そのため、アクションシーンは全編本人が実際に行っており、スタントや映像の早回し等、小細工は一切無し!
ガチンコで熱い! そして馬鹿!(これは誉め言葉)
ていうか、馬鹿でないと主役の脚に火をつけて跳び蹴りさせるようなマネはしないって。
純アクション映画だけに、ストーリーも実にシンプル。
<ストーリー>
奪われた仏像の頭を取り戻すためにムエタイの達人が大暴れ! 以上!

その後、日本では7人のマッハ!!!!!!!!なんていう、続編っぽいけどまったく続編ではない作品も公開されてます。
(邦題が似てるだけで、原題は全然違うようですが)
こっちにはトニー・ジャーは出てないんですが、やはりマッハの系譜。
アクションも見応えあって、なかなか楽しめます。
<ストーリー>
侵略された村を取り戻すために7人の達人が大暴れ! 以上!

そして、現在公開中の「トム・ヤム・クン!
「マッハ!!!!!!!!」の興行収入を全部注ぎ込んで作ったとの触れ込み通り、次から次にセットを破壊しまくります。
トニーのアクションも相変わらずで、痛いシーン大満載。
とにかくこのトニー・ジャー、身体能力が抜群で、人間にこんな動きが出来るのか!
と驚嘆しまくりです。
(映画中盤に長ーーーーいワンカットのシーンがあるんですが、まさに圧巻の一言)
ストーリーはシンプルながらも感動的なシーンもあり、楽しめました。
<ストーリー>
奪われた象を取り戻すためにムエタイの達人が大暴れ! 以上!

こんな事書くと色々言われそうですが、ことアクションの巧みさのみに絞るとブルース・リー以上の逸材では無いでしょうか。
ブルース・リーは残念ながら、いよいよ軌道に乗ったところで他界してしまいましたが、トニー・ジャーには末永く頑張ってもらいたいと願う俺なのでした。
(でも絶対死人でそうなアクション繰り返してるんだよなぁ・・・)

で、この映画。
日本ではヒットしているのかというと・・・なんだかイマイチなようで・・・
自分が映画館に行ったときもがらがらで、上映してる映画館も少ないようです。
おかげでゆったりと見る事が出来ましたけど、この映画はもっと売れても良いはず!
マスコミも胡散臭い韓流映画の宣伝ばっかりしないで、こういう傑作の宣伝をしてもらいたいと思う今日この頃。

| | コメント (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »