« おとなも、こどもも、おねーさんも | トップページ | トニー・ジャー!!!!!!!! »

2006年4月25日 (火)

ガチャピン目覚める

Sigaraki01

ようやく、1600kmの慣らし運転が終了しました。
長かったような、短かったような・・・(約1ヶ月)

で、早速回してみたくなったのでツーリングに行きましたとさ。

今回向かったのは、信楽!
念のためですが、「しがらき」と読みます。
信楽焼で有名ですね。

大阪から信楽までは、国道307号線をひたすらまっすぐまっすぐ走ります。
道に迷う心配もないし、大阪さえ抜けてしまえば渋滞も皆無。
途中にはちょっとした峠道っぽいところもあり、大阪からの日帰りツーリングには絶好のポイントかもしれません。
実際、それらしき装備をしたライダーを何人も見ましたし、帰りにはどこかのマスツーリングに紛れ込んだりもしました。

で、ついに全開走行可能となったER-6n。
Vmaxと比べると、やはり加速感は劣ります。(排気量考えたら当たり前ですね)
しかし、Vmaxでは風の抵抗の問題でノンカウル状態だと120km/h、カウル付きで160km/hがライダーの性能的限界でした。(へぼいっす)
特に160km/hになると前輪の接地感が希薄になってきて、コーナリング時も車体がしなるような感覚が襲ってきます。(サスとかフレーム補強とかいろいろ装着済みなのに)
ER-6nの場合、まだ標準の状態なのですが、140km/hまでは風の抵抗に耐えられます。
(独特のカウル形状と乗車姿勢のおかげかも)
その速度域でのコーナリング時もまだまだ不安要素はなく、オプションのカウルを装着すればさらにがんばれそうですね。
ただ、路面のわずかなギャップでサスが跳ねまくるので、まずはコイツを何とかしなければ・・・

話をツーリングに戻して・・・
ちなみにこの信楽。
初めて訪れると大抵びっくりするのがこの景色。

Sigaraki02

すんげぇタヌキの数。
みなさんも一度は目にしたことがあると思われる、全国の飲み屋の前に佇んでいる、アレ
なんかよく見ると、飲み屋のタヌキに混ざって変なタヌキがいたりもしますが。

貰ってもどうにもならないおみやげの一つとして「木彫りの熊」がありますが、それに匹敵する存在感。
是非、故郷のおみやげにお一つどうぞ。

・・・俺はいりませんけど。

などとぼんやり見ていたら、

Sigaraki03

ボスがいた。

本日の戦利品。

Sigaraki04_1

マグカップ。
取っ手に持ちやすくなるような工夫が仕込んであって、便利です。

|

« おとなも、こどもも、おねーさんも | トップページ | トニー・ジャー!!!!!!!! »

コメント

こんにちわ。
ご無沙汰です。

とうとう、ならし終わったのですね。
お疲れ様です。

あまり、まわし過ぎないように安全運転で。

投稿: Yoshiji | 2006年4月28日 (金) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おとなも、こどもも、おねーさんも | トップページ | トニー・ジャー!!!!!!!! »