« エリミネーター250V | トップページ | ER-6n »

2006年3月30日 (木)

Vmax

YAMAHA Vmax

Vmax

稀代の名車にして、我が魂のバイク。
これに乗るために大型二輪免許を取得しました。
車体構成がほぼ変わることなく20年以上継続して生産された、様々な意味でのモンスターマシンです。

走行距離3000kmちょっとの中古車を購入、エリミからの乗り換えです。
約17000km走りました。
とにかく買った当初からトラブルが多かったバイクです。
当て逃げをされたり飛び出してきた原チャを避けて転倒したり・・・
朝起きたら転けていた事も数度。
自分のミスで壊した回数よりも、ほっといたら勝手に壊された回数のほうがはるかに多い。
結局、あまりのトラブルの多さに手放す事に・・・

大型バイクの割に足つきがよく、見た目に反して素直なハンドリング。
エンジンも快調で、クソ重い車重をモノともせずにドカンと加速します。
このバイクの特徴でもあるV-boostは、エンジン回転数6500rpmから始動。
まさにワープするような、とんでも無い加速が味わえます。
ただ、普通の一般道ではまず始動しない(できない)ため、宝の持ち腐れ感がありますね。

欠点もまた多いバイクです。
エンジンがとんでも無く熱く、真冬でも渋滞にはまるとオーバーヒートしそうになります。
もちろん、乗ってる本人も熱にやられてふらふら、膝に水が溜まりそうなくらい熱いです。
その熱が原因で、バッテリーの劣化が早いという弱点も・・・
また、燃費は街乗りでリッター10くらい。
タンク容量は15リッターなので、なんと150kmしか走れない。
ツーリングでも、一回の走行距離200kmを越えた事がありません。
ヘッドライトも暗く、ノーマル状態での夜道は注意が必要です。
車重が乾燥重量で260kg超、ガソリンも入ったら300kg近くなります。
転けたら引き起こすのも一苦労です。
二本出しマフラーと中途半端な位置のリアウィンカーのために、サイドバックの装着も難しく、荷物の積載力も低いです。
書いてたらいくらでも欠点が出てくるな・・・

普通のバイクで言うところのタンク部分がダミーだったり、エアダクトも実はダミーだったり、シートがぱかっと開いてその下にガソリンタンクがあったり・・・
いろいろと変わったバイクでもあります。

とまぁ、いろいろと書きましたが、また遠い将来乗っている気がする、そんなバイクです。

|

« エリミネーター250V | トップページ | ER-6n »